本当の意味でのリーダーとは?リーダーシップの基礎知識

リーダーシップ育成センター

リーダーシップの基礎知識

まず、リーダーに関する勘違いや誤解をとくために、リーダーとは何か?という基礎部分から解説していきます。自分にはリーダーシップがないからと最初から諦めている方や、逆に自分はリーダー気質だと思い込んでいる方もいると思います。リーダーシップとその要素には、持ち前の気質が影響する部分はもちろんありますが、必ずしも持って生まれた性格が全てではありません。リーダーと聞くと完璧な姿を想像してしまいがちですが、リーダーシップに求められるのは決して完全な姿ではないのです。

生まれつきのリーダーはいない

リーダーになりたい人にとって、リーダーになるための条件や訓練について知ることは大切です。巷にはリーダーを論ずる書籍やセミナーが溢れており、その中にはある種の誤解が含まれているようです。そもそも生まれついてのリーダーではないと悲観する必要はありませんし、かといってすべてのマネージャーがリーダーになれる訳ではありません。またすべての答えを知っている全能の神ではないのであり、むしろ自分自身を知り、足りないものをどのように補えばよいのかを知っている人といえるでしょう。

続きはこちら

変革を導く力がリーダーシップ

リーダーシップが求められるのは、平穏無事な時期ではありません。むしろ惰眠をむさぼって、これまで通りを続けてきたために、変わらざるを得ない時期に差し掛かってきた頃です。従ってリーダーシップは変革をもたらすという要素が不可欠なのであり、マネージャーとは根本的に異なります。常識に囚われていては決断を下すことができない場面において、リーダーが大胆な発想によって現状を打破すべく、奇想天外な策を実行に移すことも珍しくはないのです。

続きはこちら

全力での失敗がリーダーシップの質を上げる

リーダーシップを発揮したいと願っていても、本を読んだりセミナーを受けただけで実行できるものではありません。リーダーになりたければ、何よりリーダーとしての経験を積むことが大切です。そしてその過程において、悩んだり挫折を味わいながら成長して行くものなのです。経験の中で一番学習効果が高いのは、失敗することです。もちろん単に失敗するだけではなく、その失敗から学び、二度と同じ失敗を繰り返さないことが大切です。

続きはこちら

Copyright © 2015 リーダーシップ育成センター All Rights Reserved.