リーダーシップを活かすために転職して管理職になる

リーダーシップ育成センター

転職してリーダー職に就く

転職してリーダー職に就く

会社における管理職

会社によっては、バブル経済の崩壊に始まる不況下において、採用人数を減らしてリストラを断行した例も少なくありません。そのような場合には、社内における世代構成がいびつになってしまっていることもあります。今では管理職といえば、残業代を支払わないで済ませるための口実として利用されることもあって、実が伴っているのかどうかを見極める必要がありますが、リーダーになりたい会社員にとって、管理職というポストは大変なチャンスです。社内人事の刷新と称して、若い世代が異例の大抜擢を受けることもあり、リーダーシップの発揮が期待されていることを覗わせることもあります。大きな企業では派閥争いなど、外からは見えない主導権争いもあるため、管理職になるのは並大抵のことではありません。競争相手の同世代が相対的にも多いという事情から、社外に飛び出して管理職としての転職を成功させることの方が、自分の能力を活かすことになるかもしれません。

求められる管理職

そして今では中途採用によって、管理職を募集する企業も増えています。実際になにがしかの人を束ねた経験を有することを条件として、それなりの給与や待遇が準備されるようです。30代から40代といえば、通常はそろそろ管理職に就く年齢であり、リーダーになるためには当然管理職の地位に就いておくべきです。管理職への転職を希望する場合には、自分のこれまでのキャリアを分析して、管理職を任されるだけの条件がそろっていることをアピールする必要があります。規模は小さくても、チームで行うプロジェクトでリーダーとして率先して仕事を成功へ導いたとか、社内外の橋渡し役となって新規事業を立ち上げたとか、まずはこれまで経験した業務内容とそこで自分が果たした役割とを、丁寧に拾い出すことが大切です。また自分が上司としてこうありたいと願う理想像を思い描いたり、あるいはお手本にしたい上司の行動をまずは真似してみるなど、管理職として振る舞うための下準備を進めておく必要があります。今時は責任ばかりが重くて、どれだけ残業しても残業代が出ないような管理職の地位を敬遠して、あまり出世を望まないという人も少なくないようですが、責任から逃れていてリーダーは務まりません。リーダーになるためには、実際の経験から学ぶ他ないような要素が種々あります。

転職で管理職となる

その一方で社外に管理職を求めようという会社の場合は、変革を必要とする待ったなしの状況であることも大いにあり得ます。キャリタス転職や、work waveでは、それぞれ豊富な求人案件の情報を提供しながら、マッチングのためのサポート体制を充実させています。

・キャリタス転職

キャリタス転職は、職場の雰囲気などから仕事選びができるだけでなく、全ての転職活動がスマホで完結するという簡単操作がうけています。
リーダー職への転職なら【キャリタス転職】

Tポイントが貯まる仕組みもあり、主に20代から30代に人気があります
・work wave

work waveは、転職が決まったときの祝い金も高水準となっておりお得に転職をすることができます。
リーダー職への転職なら【work wave】

5,000円の商品券が抽選で当たる懸賞もついていてます。

Copyright © 2015 リーダーシップ育成センター All Rights Reserved.